メールを英文で書くと勉強になる

2月 16, 2017

メールを英文で書くと勉強になる

海外の人とコミュニケーションを取るためには、英会話の知識を深めることが重要です。
メールを書く時に英文を使うことで、自然と能力を高めることができるのでおすすめです。
英語にはいろんな表現方法があって、時と場合によって使い分けなければいけません。
仕事で使う時にプライベートで使う文章を送ってしまうと、失礼な行為にあたります。
立場が上の人に、馴れ馴れしいメールを送る訳にはいかないので、いくつかのバリエーションを知っておきましょう。
するとプライベートで友人と連絡をする時と、仕事で取引先の当相手と連絡を取る時など使い分けることができるので円滑なコミュニケーションが取れるはずです。
ですが、これまでに勉強したことが無い人が、いきなり複数のバリエーションを習得できるとは思えません。
英文の基本的なことから勉強したり、仕事用のことから学ぶなど優先順位を付けてください。
すると仕事でメールが必要な時に、すぐ相手と連絡が取れます。

正しく英文を理解してメールを書こう

英文の基本的な書き方は、中学校と高校で一応勉強している人が多いと思います。
大学でも勉強して、そのまま就職すれば仕事で海外の人にメールを送る時に使えるかもしれません。
ですが、学校で習ったことと実際に海外で使われている英語とでは、若干意味が異なる英文もあるので気を付けてください。
少し単語のチョイスや文法を間違えたことが原因で、意味が間違って伝わってしまう可能性があります。
何度もコミュニケーションを交わしたことがある人なら、それでも雰囲気で意味を理解してくれるかもしれません。

環太平洋大学 偏差値

ですが初めて交流する人に間違ったメールを送ると起こって取引を中止される危険性があるので気を付けてください。
仕事ではたった1回のミスも許されません。
取引先の相手を怒らせると、会社で得られる利益が極端に低下して会社をクビになる危険性があります。
正しい英文を覚えてメールでコミュニケーションを取れば、仕事に悪影響を与えることを回避できます。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.