合って話しているうちに離婚公正証書作成の必要がなくった

1月 18, 2017

合って話しているうちに離婚公正証書作成の必要がなくった

今まで、こっちから折れるなんて考えてもみなかった。
相手への憎悪というより、世間体もあった。
私が屈っしたと思われたくなかった。
だが、離婚公正証書を作るためという理由ができて、自分に折れてもいいと言い聞かせることができ思ったよりすぐに行動に移せ、彼も簡単にそれに応じた。
こんな簡単なことが今までできなかったことが、うそのような展開であった。
まるで初めてデートするような気持で、待ち合わせ場所に行った。
目的はもちろん離婚公正証書だ。
お互いの間で実質共有となっていたものを一つ一つどうするか検討するはずだったのだが、車のローンの話になるとローンをどうするかでなく、最近の車の調子やそろそろ買い換えた方がいいとか、今度買い換えるならこんな車がいいとかいう話になってしまう。
これってなんだか、私たち元に戻ってきた感じがする。
こんな状況になったのだが、お互い別の相手ができたというわけでもなかった。
少なくとも私はいない。
もしもここで彼にそういう相手がいないことが確認できば、わざわざ離婚公正証書を作る必要がなくなるのではないかと思って、最近の車の動向について語る彼を目の前にして、私はこのことをどうやってどのタイミングで聞こうか思案しているのであった。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.