人間にとって文字とは何か?オンデマンド印刷の未来を考える

10月 13, 2016

人間にとって文字とは何か?オンデマンド印刷の未来を考える

人間と文字との出会いは、太古の昔にさかのぼります。
人間と文字の歴史を考えることで、オンデマンド印刷の未来と可能性が見えてきます。
文字はもともと、人類にとってたんなる道具でした。
音声だけでは、その場ですぐに消えてしまいます。
音や声では伝えきれない思いを書き残すために、人類は文字を発明したのです。
時が経ち、人類が進化を遂げるにつれて、文字はたんなる伝達道具以上の意味をもつようになります。
人にメッセージを伝えることにかけて、文字は万能です。
ある人は文字を書きつらねて壮大な物語を紡ぎ、ある人は傷ついた人を癒すための薬として文字を使うのです。
文字の発明によって人間は、距離や世代、あるいは歴史を超えて忘れてはならないメッセージを書き残すことが可能になりました。
人間にとって、文字は道具です。
文字は薬です。
場合によっては武器にさえなるかもしれません。
文字の弱点ともきちんと向き合い、かしこく言葉を使いましょう。
人間が文字を必要とするかぎり、オンデマンド印刷はなくなりません。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.