荷捌き場テントとは一体何なのか

10月 6, 2016

荷捌き場テントとは一体何なのか

荷捌き場テントについてです。
小さいサイズ?大きいサイズまであって、オーダーメイドによる制作や施工ができます。
テント屋さんが、一貫して設計から施工までを行ってくれます。
鉄骨柱を建てるのが主な工程で、棟などの鉄骨を組みます。
そしてテント生地をフレームに合わせてロープでテンションをかけます。
この際、バタつきを防止するためにロープでの編みこみシートを固定します。
テント屋根は、シートハウスやテント倉庫などと異なり、屋根目的を主に使用しているので、正面や側面が解放的になるので、シートカーテンなどを併用して利用することが可能となります。
物流センターや倉庫、工場などの荷物をトラックから積み下ろすスペースを、雨から荷物を防ぐために設置して使用します。
小さいサイズならキャスターを付けることができるので、可動式や移動式のテントも設置可能となります。
一方大きいサイズのテントは、キャスターを付けても可動や移動が不可能となるので、要注意です。
基本的に、建築の確認申請は必要となりますが、キャスターが軽微なサイズでついていれば、仮設・工作物として設置することもあるので、施工店などに詳細を聞いてみてください。
荷捌き場テントの案内でした。

用途に合わせて荷捌き場テントを利用する

用途に合わせて利用することができる荷捌き場テントの特徴などについて、分かりやすくお話します。
荷捌き場テントは、耐久性に優れていて、施工期間の大幅な短縮や自由設計によって建てることができて、土地利用を効率的に図ることができるのです。
各種催事スペースなどに多種多様に対応可能なのです。
テントを工場と工場の間に設置することで、仮置きしている製品が雨に濡れることのないまま、荷捌きができるのです。
車両を横付けすることで、雨に濡れることから守れるほかに、作業員の労力や時間の削減にも繋がるのです。
荷捌き場テントのサイズを調べる
主な特徴としては、高さや奥行、幅などを自由に設計できること、不燃性テントや高耐久性テントなどの多機能性テントが使用できること、スポーツ施設や作業場などの様々な用途に使用できること、などです。
また、各種オプションの製品も用意しているので安心です。
荷捌き場テントが気になる人は、色々と見比べてみてください。
とても魅力的ですよ。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.