led投光器に関して調べてみました

9月 27, 2016

led投光器に関して調べてみました

最近、外の街灯が明るくなってきたなと思って、気になったので調べてみました。
そうしたところ、なるほどと思ったので紹介することにします。
この街灯が明るくなってきているのは、led投光器と呼ばれるものが使われているからなんです。
led投光器には、半導体が使われており、その半導体に電流を流すことで、効率よく光に変換してくれます。
そして、なんと言っても、従来の電灯よりも寿命が3倍以上も長いと言われています。
つまり、経済的にも良い面を持っています。
ですから、街灯に使われるようになったのでしょう。
以前の街灯は、ところどころ灯りが切れていたことを、みなさんも知っていると思います。
冬場などは、雪国の場合は街灯が切れていたりすると、吹雪の時には車の明かりだけでは見えなくて、危険なものでした。
そういったものを対策することができるので、現在はled投光器のシステムの街灯に変えられているのでしょう。
そして、led投光器の明かりは、すごく眩しいくらいの光を放っています。
ちょっと、昔の街灯の淡い光が懐かしくも感じるものです。

どんなメリットがled投光器にはあるのか

今回紹介している、led投光器のメリットは多くあります。
そのひとつに、虫が寄り付きにくいといった大きなメリットがあります。
以前の水銀灯や蛍光灯の場合は、虫がブンブン集まっていて不快な感じがしたものでしょう。
カブトムシが取れるといった、子供にとって嬉しいメリットもありましたが、蛾などの虫が多く飛んでいて、やはり不快なものでした。
led投光器に関して調べていると、この虫が街灯などの光に対して、なぜ集まっていたのかわかりました。
虫は、走光性と呼ばれる光を目印にして移動するといった習性があるようです。
虫は、紫外線を追って移動しているようで、以前の街灯に使われていた水銀灯や蛍光灯からは、多くの紫外線が放出されていたのです。
だから、あんなにブンブン街灯に群がっていたと言うわけなのです。
ところが、最近の電灯に虫は群がっていませんよね。

それは、ledからは、紫外線があまり放出されていないということなのです。
ですので、街灯や店舗の電灯にled投光器が増えているのは、そういったメリットがあるからなのだと知りました。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.