勤怠管理の手間と正確性

9月 9, 2016

勤怠管理の手間と正確性

働く場合に、誰にでも必要な物の一つが勤怠管理ではないでしょうか。
従業員の働き始めと終わりを把握し管理することは、企業にとって必要なことですよね。
その方法は、従業員が手書きで勤務の表に書いて申告することもあれば、専用の機械で打刻する場合もありますよね。
私は、このどちらも経験しています。
従業員にとっては、しかるべき給与を受け取るために必要ですし、企業からすれば従業員がしかるべき時間に働いているかといったようなことを管理するために、必要なことなんでしょう。
ただ、これらの機械での管理方法というのは、その機械が設置されている会社で働かなければ打刻できないものですよね。
手書きの場合だって、たとえば出張で現地に直行だとかいった場合には、正確にその働き始めた時刻に記入することはできないわけです。
事前や事後に申告もしくは記入などをして対応するのでしょうが、その手間なく、また正確に勤怠管理ができることが理想ではありますよね。

テクノロジーの発展が生み出した勤怠管理サービス

働き方というのは多種多様なので、手書きや機械での勤怠管理でも、その企業にあった使い方をすれば良いのかもしれません。
それでも、企業が独自の管理方法を別にルール付けないといけないので、手間ではありますよね。
そのルールを従業員は理解した上で、勤務報告をするということでもあります。
さらに、企業はきちんと勤務の状態をルールにのっとって従業員が報告しない場合は、その従業員に指導をする必要があります。
そして、従業員は、そのルールにのっとって会は勤務状況を報告し忘れたりすれば、それを会社に報告する必要があります。
まあ、どのような管理方法を行ったとしても、何かしら問題が出てくるのかもしれません。
社員たちの勤怠管理を徹底する
でも、最近は、他の方法での、便利な勤怠管理サービスというのが存在するようなので、知っておきたいところですよね。
データの読み込みだとか、ネット環境を使ったものだとか、最近のテクノロジーの発展が生かされているサービスのようですよ。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.