関東学院高校で文武両道な生活を!

7月 4, 2016

関東学院高校で文武両道な生活を!

将来、何になりたいかは子供の頃は決まっていない人がほとんどだと思います。
高校になっても大学になってもまだ何になりたいのか分からない人が多いようです。
将来やりたい夢を見つけるには学校選びが重要です。
関東学院高校は、神奈川県の横浜にある中高一貫学校です。
創立は1884年で、キリスト教教育に力を入れています。
学校生活は礼拝から始めるそうです。
キャンパスも充実しています。
小学校校舎、中学校新館、高等学校本館、旧館、特別教室棟、体育館・武道館・部室、などが立ち並んでいます。
特別教室棟には、音楽室、美術室、技術室、家庭科室、陶芸室、図書室、礼拝堂、カウンセリングセンターなどが入っています。
カウンセリングセンターとは、生徒に限らず保護者からの相談も受け付けているようです。
専門のカウンセラーが常駐していて、自分の将来に不安を感じていたら、話し合いを通じてその問題をみんなで解いていきます。
自分を見つめ直すきっかけを作ってくれるのです。
関東学院高校では、これらのキャンパスを利用して、勉学も部活動も年間行事にも積極的に取り組んでいます。
文武両道で楽しい学校生活を送れる学校です。

こんなカリキュラムで勉強する関東学院高校

学校を選ぶにあたって大事なのはカリキュラムの内容でしょう。
関東学院高校では、中学1年から高校1年までは、学力でも基礎的な事を学びます。
バランスの良い科目を勉強するのです。
この4年間では、週に1度は聖書という授業があります。
世界のベストセラーである聖書を読んで理解力を高め、それを通じて色々なことを知ります。
またキリスト教教育としては、聖書の授業だけでなく、校外活動も行っているそうです。
中学校では、関西、中国、北九州方面に遠征します。
高校2年では、沖縄やアジア各国などに出掛けてキリスト教についてもっと深く勉強します。
高校2年からは、きちんとした将来に向けた選択が出来るように勉学に励みます。
志望大学を決め、その大学に合わせて、文系と理系とに分かれたカリキュラムになります。
理系はまた細かく分かれています。
理工、医学、歯学、薬学、農獣、看護です。
理工では物理と化学、医学や薬学では生物も加えて勉強出来るようにします。
関東学院高校では、基礎的なことを学んだ上で、将来に向けたカリキュラムとなっています。

部活動や年間行事も関東学院高校では盛ん

学校生活の楽しみと言えば、部活動や年間行事です。
関東学院高校では、このどちらも盛んに行われています。
まず部活動ですが、運動部、文化部、同好会、課外授業とに分かれています。
運動部は、空手、剣道、バスケットボールなど定番なものから、ヨットという少し変わったクラブもあります。
文化部は、オーケストラ、ハンドベル、将棋、美術、生物などがあります。
そして年間行事も盛りだくさんとなっているそうです。
1学期は、4月の入学式から始まり、学力テストやスポーツ大会と続きます。
5月には中間試験、6月には校外研修週間、7月には期末試験、8月にはハワイ島やオーストラリア研修があります。
2学期に入ると、また学力テストや中間試験があり、学院ン創立記念日や文化祭も催されます。
12月にはクリスマス礼拝が行われます。
つかの間の冬休みが終わり3学期に入ると、合唱コンクールで団結力が高まります。

そして期末試験、卒業式、終業式となり1年が終わります。
関東学院高校では、年間を通して、様々な楽しい行事があります。
学校生活をより楽しくするためにも、行事にも部活動にも積極的な参加が必要です。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.