映像制作に携われる仕事

8月 24, 2015

映像制作に携われる仕事

学生時代の文化祭で、裏方として映像制作に関わったのがきっかけで、大学でしっかりと、映像制作について勉強しようと思いました。

大学は、無事、芸術学部に入学しましが、大学時代は、いろいろとやりたいことを探しているような状況であったため、映像制作だけに本腰を入れていたわけではなかったのが災いし、なかなか就職先も決まっていません。

遊びたいお年頃だったこともあり、サークルで、仲間うちで遊び感覚で制作していた時期もあります。

ただ、よそ見もしましたが、いろいろと見てみた結果、これからは、本当に映像制作だけを本格的にやっていきたいという熱い思いになりました。

やる気は十分です。

かなり業界は絞られるのかもしれませんが、本気で探し、一生をかけて、本気で取り組める仕事として携わっていきたいです。

好きな事を仕事にできる人というのは、もしかしたら一握りの人たちなのかもしれません。

しかし、好きな事なら、寝食忘れて、没頭できると思います。

映像制作を仕事にしたくて

小さな頃から、映画を観るのが大好きで、大人になっても休日は映画を観て過ごしていました。

しかし、自分が映像制作をする側になろうとは、思ったこともありませんでした。

ただ、たくさんの映画を観て、自分の生活に映画が欠かせないものになった頃、将来の進路を真剣に考えなくてはいけない時期になりました。

子どもの頃の夢は、スーパーマン、現実でないことを知ったのは小学校に上がった頃。

将来の進路など、考えることもなく、大学までなんとなく進み、大学時代も遊びサークルに入り、ただなんとなく過ごしてしまった。

けれど、就職活動の時期がやってきて、自分が将来ずっと仕事として何をしたいのかを真剣に考えてみたのです。

映像制作のスペシャリスト

自分の人生の半分くらい捧げることになるだろう、会社人生、大好きな映画抜きでは考えられないと思ったのです。

何の勉強もしてきていない自分が仕事にするのは難しいのかもしれませんが、映画を制作する側として、映像制作会社に就職し、社会に貢献していけたらと思います。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.