映像制作ってこんな仕事してるんです

3月 25, 2016

映像制作ってこんな仕事してるんです

突然ですが、映像制作ってどのような仕事があるかパッと思い浮かぶでしょうか。
当初、私は映像を撮ったり編集する事が仕事だと思っていました。
しかし、実際調べてみると、それ以外にも様々な業務があります。
他会社と交わす契約書作成、現場関係者の弁当の手配など様々な業務を行うことができ業務内容も充実しています。
これらの業務は一見、映像制作とは関係なさそうですが、こういったちょっとしたことをやることで、現場全体のモチベーションもあがります。
また、様々な現場スタッフと話す機会が多い仕事でもあるため、色々な考えを知ることができ、学べる機会もとても多いようです。
ですので、コンピュータや映像に関する知識と社交的な部分を持っている方が多い業界なのかもしれません。
色々な人の考えが入ってるんだなということを思い浮かべながら、映像を見てみると今までとは違った視点で見ることができ面白いかもしれません。
今後も映像制作の需要は増えていくことでしょう。

企業と映像制作のつながり

今から約60年前にテレビが誕生しました。
民放放送局では、テレビ番組の途中に企業のCMが流れます。
では、企業がテレビCMをする理由とは何なのでしょうか。
端的に言うと、知名度を上げ売上をあげるために企業はテレビCMを流しています。
良いものを作るには映像制作会社とのやりとりが必要になってきます。
テレビCM1つで企業のイメージカラーをつけることができます。
明るく見せたい、上品に見せたい、楽しく見せたいなど色々な魅せ方をすることができます。
インターネット普及前は、テレビCMのみで企業の良し悪し消費者は判断することが多かったです。
しかし現代では、インターネット普及により、企業のホームページを見て判断する人も多いため、いかにホームページ上で良く魅せるかということも重要になっています。
そのため、企業と映像制作会社のつながりは今後も強くなっていくと思います。
CMやホームページがどういった視点で作られたのか考えながら見たら面白いかもしれませんね。

映像制作におけるwebムービーのメリット

インターネットの普及により、webムービーの映像制作をする会社が増えています。
特にアメリカでは、テレビからweb上で観る人が増えておりwebムービーが主流となっているようです。
日本でもテレビ離れが起こっており、webムービーが主流となることは間違いないでしょう。
では、webムービーのメリットとは何でしょうか。
大きく2点あります。
1つ目はテレビCMと比べコストが安いことです。
テレビCMでは、コストがかかり、枠もあったためどうしても大企業がメインでCMが流れています。

それに対しwebムービーはコストが安く、枠もテレビCMに比べれば多いため中小企業においても比較的流しやすいと言えるでしょう。
2つ目はwebムービーを拡散させることが可能ということです。
webムービーは、面白いと思ったら、各SNS上でいろんな人に伝えることが可能なので、魅力的なものであれば、より多くの人に伝わる可能性が高いということがいえます。
今後は映像制作において魅力的なwebムービーを作ることで企業の宣伝効果をいかに上げていくかが大事になってくると思います。

by | Categories: 未分類 |

Share with others

No Responses so far | Have Your Say!

Comments are closed.